地震のことや地殻変位などについて勉強した

地震について研究しました。地震は地殻が急激に不幸されて隔たり動くことにより発生します。したがって、地震にともなう土の変調は急性ものであることが多いです。1891時期の濃尾地震や1927時期の北丹後地震では地震を起こした断層が地表まで達し、こういう断層(地震断層)に沿って大きな土の隔たりが生じました。今、土の変調はGPS(人工衛星によるセッティング設置形)によって案外容易にわかるようになりました。地震の時折総量分の間に最大総量m程度の土の変調が計測わたることもあります。火山没頭はマグマが上向きで発生するので、火山周辺の隆起を中心とした地殻変調をともなう場合があります。2000時期の有珠山の噴火は、最大40m規模隆起していますが隆起の大方近所で噴火が起こってあり、こういう隆起がマグマの増加によるものであることがわかります。このようなことを覚えましたが、知らないところがあったので勉強になりました。