近年ハマっていることはFacebookでの報道集め

Twitterでのジャンクはよく聞くので、私は利用しないことにしていました。でも、大好きなゆる人物のセレモニー報告などを引っかかると願い、Twitterだけは登録してみることにしたのです。Twitterは本名をさらけ出さずに済みますし、場合によっては言葉を見られたくない仲間をブロックすることもできます。そういう抑止の仕方も私の要望通りだった結果、これならジャンクにはならないだろうと思いました。
まさにやってみて、只今何のジャンクには遭遇していません。大好きなゆる人物と両方フォローをして、キャッチボールを楽しんでいます。肝心のセレモニー報告もいち早く入手できてある。何度か様々なセレモニーに参加しました。
また、Twitterを通して共通の趣味を有する友人も増えてきています。Twitterで出会ったゆる人物好きな友人と、セレモニーで出会うこともできました。こんなふうに便利に使えるところに目下誠にハマってある。当然、やっていて誠にうれしいだ。

私たちは、果してどこに向かっているのだろう?

家屋の隣席の部屋を借りて、恋人が嗜好部屋を作った。
あたしは、積み荷がなくなったおかげで、断捨離に精を出す。
このまま、こういうお互いは如何なる行く末に結び付くのだろう?
断捨離は行く末に嬉しい影響を及ぼすと言う。
片づけとは、過去に片を付けることだと言う。
恋人は近頃、過去に片をつけているのだな。だから夢中になって、帰って欠けるのだなあ。
自分の部屋も、そのままの勢いで片付くといいね。凄い部屋だったからね。
なぜ私のアパートに思い切り積み荷をおいていたんだろう。
実に迷惑なこっちゃ。でも今は、積み荷がなくなって、私も断捨離始めた。
部屋がちょっとずつ、綺麗になって出向く。嬉しい。
ゲッツ板谷の小説も投げ捨てたら、目新しい好きなレポーター探せるかなあ。
前兆小説なんだけれど、とうに投げ捨てちゃおっかな。
今や読んでないし。掴むこともないだろうし。
でも、捨てられないんだよなあ。10歳ぐらい一緒にあたしとトラベルをやる。
10歳前には、とことん読んでたんだけれど。
部屋を片付けて、サンシャインがたんまり押し寄せるようになった。
大いに気持ちがいい。明るくて、東方角です。気持ちがいい。

お散歩兼猫活で季節を感じ、その土地を知る

私は猫が大好きで、よく猫活をしています。猫活の活動内容はその名の通り、猫を見つけて、猫を愛でる活動なのですが、歩いていないと猫は見つけることができません。
そのため、いつもカメラ片手に猫が居そうな路地を散歩しています。散歩をしていると、猫と出会えるだけでなく、季節を感じることもできます。この時期だと、桜が芽吹くまでの蕾やつくしが伸びていく様子をみることができ、季節の変わり目そして訪れを感じることができます。また、猫が私にどのような反応をするかで、その土地の人柄がわかるような気がします。昔、ホームステイしていた所のホストファリミーが「猫はその土地の治安を知っている」と言っていました。猫活で散歩をしているとまさにその通りで、猫が歩み寄ってきてくれる土地はその土地の人柄もよく、みんなよく話しかけてきてくれます。一方、猫が警戒態勢を崩さない土地は排他的で攻撃的な雰囲気を受けます。
このように、猫活散歩をすることは、散歩で健康にいいだけでなく、その土地を観察するのにとても向いています。