2018年ロシア大会のサッカー日本代表の人材の選考について

2018年ロシア大会のサッカー日本代表の人材の選考について書きたいと思います。FWが熾烈な競争になっているそうですが、今のサッカー日本代表の人材の選考はコロコロと変わっています。最後のメンバー決定の日まで、誰が選ばれるのかがわからない状況です。もし過去の日本代表の出場実績だけで考えるなら、本田圭佑選手や香川選手、長友選手、吉田麻也選手は順当なところかもしれません。2018年大会では意外と無名な選手が多く選ばれる可能性があります。無名ではあるけど、潜在能力が高い選手の方が対戦相手は怖いと思うかもしれません。逆に本田圭佑選手は、実績はあるけれども、対戦相手から研究されている可能性があります。でもそうかといって、井手口選手も選ばれるかどうかはわかりません。井手口選手がオーストラリア戦で決めたゴールは、「たまたま決まったゴール」かもしれません。井手口選手がここぞという勝負どころで決める選手かどうかは、たったの1戦見ただけではわかりません。